院内の設備・機器

犬・猫のストレス軽減を考えたフロア設備。安心の診療を行える最新の設備・機器を整えております。

院内設備検査・治療機器

院内設備

受付

ご来院いただいた方とお話しやすいように、オープンなスペースにしています。お気軽にお声がけください。

待合室

動物同士のトラブルやストレスを減らすために、待合室は1階と2階の2ヶ所に分けています。

診察室

動物へのストレス軽減や安心性への配慮から、1階と2階に分けて設置しています。診察台は、大型犬も乗せやすいように電動で上下します。

検査室

各種検査機器を備えています。血液検査機は1度に5検体の同時測定が可能ですので、お待ちいただく時間を短縮できます。

診察室

スタッフの情報交換の場となっているほか、様々な医薬品などを保管しています。

検査室

動物の状態に応じたより良い環境を用意するために、入院室も3ヶ所に分けています。離れた場所からも確認できるモニターカメラを2台設置しました。

診察室

容態の悪い動物の集中治療室です。酸素・温度・湿度の管理がされています。

検査室

手術室は2つ。ゆとりを持ったスペースと機材で、より安全で確実な手術を目指します。

検査・治療機器

超音波診断装置(エコー検査)

超音波診断装置(エコー検査)
体の表面から内部の状態を確認する画像診断装置です。心臓の動きや血流の速度・逆流などを見る心エコーと、腫瘍の有無や各臓器の異常を検出する腹部エコーがあります。精密検査のひとつとして、当院では高性能な装置を導入しています。

内視鏡

内視鏡
消化管内部の肉眼的観察および粘膜面からの組織生検をするためのものです。胃や食道に、意図せず入ってしまった異物を取り除く際にも活用します。

半導体レーザー

半導体レーザー
温熱治療による痛みの緩和(椎間板ヘルニア、歯肉炎、関節炎など)や、イボとりに用います。

眼底鏡

眼底鏡
眼底(網膜、視神経など)の検査に使用します。

レントゲン装置

レントゲン装置
骨や臓器などの形態や位置などを調べることができます。2台のX線撮影装置を設置しています。

生体モニター

生体モニター
麻酔中の心拍、呼吸、血圧、体温、酸素飽和度など様々な状態を観察します。

血液ガス測定装置

血液ガス測定装置
血液中に含まれる酸素や、二酸化炭素、pHなどを測定します。

外科用ドリル

外科用ドリル
整形外科や神経外科に使う機器です。コア電動マイクロドリルシステムを使用しています。

歯科用ハンドスケーラー

歯科用ハンドスケーラー
超音波を使って歯を傷つけずに歯石を除去することができます。

歯科用マイクロモーター

歯科用マイクロモーター
歯を削ったり、割ったりすることができます。

眼圧測定器

眼圧測定器
眼圧(眼球内にある液体の圧力)を測定します。

スリットランプ

スリットランプ
眼を拡大して詳しく見ることができるだけでなく、眼を立体的に見ることができます。

動物用血圧計

動物用血圧計
多少の動きがあっても、血流変化をエラーを出さずに測定できるので、無麻酔でも測定できます。

尿中微量アルブミン測定装置

尿中微量アルブミン測定装置
腎機能の精密な評価に使います。

心電計

心電計
イヌ、ネコ、年齢、体重別に分類して解析が行えます。

血液測定器

血液測定器
血液検査を一度に5検体まで同時に測定することができます。

血球計数装置

血球計数装置
赤血球、白血球などの数を精密に測定することができます。

炎症性蛋白濃度測定機

炎症性蛋白濃度測定機
炎症や組織破壊で増加するタンパクの一種(C反応性蛋白)を測定します。

電気メス(ForceTriadTM)

電気メス(ForceTriadTM)
進化したLigasureを搭載し、縫合糸を使わないで7mmの血管まで確実に止血を行えます。また、モノポーラの新しい機能(Valleylobモード)やバイポーラも搭載されており、よりスピーディーで安全な手術が行えます。

生体モニター(FUKUDA M-E)

生体モニター(FUKUDA M-E)
自発呼吸時、調節呼吸時の1回換気量、吸気圧、PEEP値を常にモニターできる人工呼吸器です。

生体モニター(COLIN).JPG

生体モニター(COLIN).JPG
コンパクトタイプの生体モニターで、心電図、非観血的血圧、酸素飽和度をモニターできます。

人工呼吸器

人工呼吸器
心拍や呼吸、非観血的血圧、酸素飽和度などのほか観血的血圧も測定できる心電図モニターです。

蓄電池

蓄電池
緊急時対策として、院内に2つの大型蓄電池を設置しています。手術室にはより大型の蓄電池を設置しています。

グラースの専門スタッフによる”チーム医療”体制
予防医療を目的とした多彩なケア・プログラム展開
獣医師と連携、犬・猫のトリミング&ケアグラースウェルネスセンター
ドナー登録を募集中!献血ご協力のお願い
オリジナルドッグフード「長生きサポート」
グラース動物病院ブログ
PAGE TOP
グラース動物病院 本院 〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-4-9 TEL:03-3220-2717 診療時間:9時〜12時、16時〜19時(木曜日午後急患のみ)
グラース動物病院 ウェルネスセンター 〒167-0051 東京都杉並区荻窪5-2-5 TEL:03-5347-2754 診療時間:9時〜18時(トリミング&シャンプー、しつけ方教室)
Copyright (C) Grace animal hospital All Rights Reserved.